【グラブル】プロバハHLのHP段階別の具体的な立ち回り方

プロトバハムートHL

以前プロバハHLの重要ポイントのみを抜粋した簡易攻略記事を書きましたが、HP別の段階毎の立ち回りを詳説して欲しいとのリクエストを頂いたので、今回はそれを記事にします。

本討伐が初めての方向けの、大雑把な攻略手順です。wikiや他の方の攻略も見ておいたほうがより安心安全に立ち回れると思います。

HP100%~70%

自発者には開幕先制で状態異常をかけられます。参戦者は1ターン目に異常をかけてきます。マウントかけてから防いでもよし、マウントもちのクリア要員にクリアかけてもらうのもよし、3ターンで大体デバフは消えるので、ターンを回して消してもいいです。

ここから70%までは「敵のチャージターン技をファラがかかった状態で受ける」だけ徹底していればまず死ぬことはありません。異常を食らった味方にクリアを頼みましょう。

前半は10%毎に属性が変わり、その都度チャージターンがMAXになるのと、ブレイク時間が短いので、ブレイクの復帰からファラなしで技を受ける、ということはないように注意してください。

HP70%~50%

70%から土モードに。土モードのOD時には単体即死級のチャージターン技が飛んで来ることがあるので、ODの時は100%カットした方が安全です。ODじゃなくとも、ファランクス込みで単体6000ほど食らう技もあるので、味方HPには気をつけましょう。

60%から風モードになりますが、ここではグラビティ無効なので、土モード時にグラビティを入れておくことを忘れずに。風モードのOD技「終末の風」は全員HPを1にされる大変危険な技です。受けたら味方にヒールオールを頼みましょう。

パーシヴァル持ちはここから恐怖を解禁して、出来る限り相手の技を受けないようにしてください。他の技もあるので、終末の風でファラ貫通するからといってファランクスで技を受けることは忘れずに。

HP50%~25%

属性が闇に変わりチャージMAXに。ここからが本番です。25%までの間はチャージターン技で以下のようにしてくるようになります。

  • 通常時:レギンレイヴ(多段技、HP7000以上確保推奨)
  • OD時:ハイパーディメンジョン(単体ランダムに、最大HPの55%を4回)
  • どちらのモードでも使用:異常付与する全体技(あまり強くないが耐性UP等が厄介)

ODのハイパーディメンジョンはカット回避一切不可能で、たとえHPが満タンだったとしても、運が悪ければ2人落ちてしまう凶悪な技です。ビショだけはニルヴァーナの蘇生とリヴァイブで立て直せるので、ビショが率先してODモードを削っていってください。他のジョブが無理に削りに行って主人公が落ちてしまうと、最悪討伐失敗にもなりかねません。チャージターンが溜まってしまったら待ちましょう。パーシヴァルの恐怖やソーンの麻痺は、このタイミングで狙っていけると攻略が楽になります。

ブレイクしたらブレキ要員はすぐにブレキをかけること。ブレイク時間が短いので、何かしているとすぐに復帰してしまう可能性があります。また、復帰からファラ無しでレギンレイヴを受けてしまうとほぼ全滅するので、復帰近くなったら慎重に。奥義は出来る限りOD時に使うようにして、一気にブレイクすることが攻略のポイントです。

HP25%以降

25%になるとまたチャージターンMAXに。ここからは敵の技が、以下のように非常に凶悪なものに変化し、チャージターンも1(グラビ決まれば2)と連発してくるようになります。

  • 通常時Aパターン:レギンレイヴ(ホリセはファラと庇うで完封可、他はアテナ等無属性系100%カットしないと全滅)
  • 通常時Bパターン:スーパーノヴァ(HPの最大95%割合ダメでカット不可能、ティターンなら耐えられるとのこと)
  • OD時:大いなる破局(言うまでもなく闇カットとファラで100%カットしなきゃ死ぬ、ティターンなら耐えられる)

また、プロバハの通常攻撃が光属性で1万ほどになるので、出来る限りファラを受けながらか、鞄で軽減しながら進めていくことになります。通常モードの方が辛いので、ブレイク中にゲージを溜め、ブレイク復帰したら一気に奥義を入れてODさせると楽になります。

ソーンの麻痺や恐怖は通常時に決められるとベストです。ホリセはファランクス回しに少し慎重になりましょう。急ぎすぎると味方のターン回しが間に合わず、ファラ被りが起きてしまいます。動いたら死ぬような状態では、フュンフ持ちやニルヴァーナ持ちビショ以外は立ち止まりましょう。

残り1%でスーパーノヴァをしてきます。2%の段階でメッセージが入るので、対策しやすいです。これを耐え切ったらほぼほぼゴールです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする